So-net無料ブログ作成

自分で、自分が、哀れになるだけだ [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

 日本人のパチンコ依存症者を救うということは、

あなただけを救うのではなく、

大多数の依存症を撲滅するということだ。

対応は、ひとり一人の症状にそくして丁寧に手立てを考えていくが、

目標は、大多数の依存症を撲滅するということ。

何度も書くけど、そのためには、

この日本国からパチンコを全廃しなけれがならないのだが、

実際は、それが無理だから、

どうすればいいのかという難しい話になってくる。

 

パチンコが依然としてあり続ける状況の中で、

パチンコを国が応援している中で、

依存症からパチンコ人を守るには、どうしたら良いのか? 

 

パチンコを存続させるという前提の中で、

パチンコ屋の儲けを減らさないという前提の中で、

1人でも2人でも依存症からパチンコ人を救うために、

パチンコ屋は、何ができるのか?

 

そういうアエギの中で、

『パチンコ屋による、パチンコ屋のための自己申告プログラム』が出てきた。

  

IMG_8496.JPG

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

パチスロの利用上限金額を店に自己申告するプログラム導入 - マルハン

2017年04月07日 16時45分 マイナビニュース

 マルハンはこのほど、パチンコ・パチスロ依存問題に対する取り組みの一つとして、運営するパチンコホールが所在する全44都道府県にて「自己申告プログラム」を導入した。

パチンコ・パチスロを遊技する会員カードを持っている利用者が、1日の使用金額の上限を店舗に自己申告すると、その上限額を超えた場合に店舗スタッフがその事実を知らせるシステム。このシステムにより、「適度にパチンコ・パチスロを楽しみたい」「のめり込みを抑制したい」と考える利用者の要望に応え、安心した遊技環境をサポートするもの。

 同社では昨年、マルハン大山店(東京都板橋区)でこの自己申告プログラムを先行導入し、検証を行ってきた。今回、導入店舗を計45店舗へ拡大した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インターネットで調べると、次のような様式の申告書があらわれた。

うわー、これ、これ?    

             自己申告プログラム ↓↓↓↓↓↓↓↓申告書をクリックして拡大




IMG_8499.JPG

 


クリックして、拡大して文言を読んでみて!

あなた、あなただったら、こんなの書いて出す?

顔写真付きで、

パチンコ屋のカードを持っていることが前提で、

自分の情報が店員に共有され、

あるいは、個人情報を預けて…………………

それで、声をかけてもらえて、、、。


声をかけてもらえたから依存症が治る?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パチンコやるな。

自分で、自分が、哀れになるだけだ。

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ほんとうに明日は来るのか [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

みんな、自分だけは大丈夫だと思っている。

眠れば、朝、目が覚めて明日がくるということを疑わない。

希望を持って生きているわけではないけど、

そんなに悲嘆して暮らさなくてもいいと思っている。

自分も不幸になる確率はあるけど、

「まあ、自分は大丈夫だろう」と思って生きている。

確かな根拠もないのに。

IMG_8479.JPG



ちょっと過去の記事だけど、読んでみようよ。

ギャンブル依存「完治せぬ病」 経験者が警告

 今月に入って急加速したカジノ法案が、猛スピードのままゴールへ--。「統合型リゾート(IR)整備推進法」が15日未明に国会で成立した。だが、カジノ開設に伴う課題は積み残されたまま。ギャンブル依存症の経験者は「対策が不十分なら、さらにまん延する」と警告する。

 「ギャンブル依存症は完治しない根深い病」。約10年前から依存症の自助グループに通っている関西地方の60代男性は、自身の経験を踏まえて、カジノ合法化に強い危機感を口にした。

 男性は会社勤めをしていた40代にパチンコにのめり込むようになった。家族には仕事があるとうそをつき、休日も子供の世話よりも店通いを優先した。大当たりが出る台を前に「『勝てば取り戻せる』と、1万円札を紙くずを捨てるように使った」。消費者金融で借金を重ねた。

 そんな生活が10年ほど続いた。自分でも「おかしい。何とかした方がいいな」と思い始めていた頃、学生だった息子に言われた。「病気なら治してこい」。その言葉に背中を押され、知人の紹介でカウンセリングを受け、全国規模で活動している自助グループの支部に通い始めた。

 週1回程度、依存症に苦しむ当事者約10人が集まり、本名を明かさずに自身の体験や心情を率直に語り合った。「まずは自分が依存症で、無力だったと認めることが大切」と振り返る。回復できると信じ、仲間と思いを共有することで少しずつギャンブルと距離を置けるようになった。多い時には1カ月で70万円を使い、借金は膨れ上がった。家族の財産や貯金を返済に充てた。「二度と手を出したくない」と思う一方、今でも「手元に10万円があればパチンコに行ってしまうかも」と不安は消えない。

 ギャンブル依存症の当事者や家族の多くは周囲に隠して孤立しているとみられる。男性は「自分のように支援機関にたどり着く人は、ほんの少し。現状でも対策ができていないのに、カジノまで解禁するのは許せない」と訴えた。【武内彩】


・・・・・・・・・・・・・

 希望、勇気、展望、努力、目標、一途、ひたむき、一度きりの人生、初志・・・・・・

そういうものが、生き生きと躍動する日本の国であってほしいのに。。。。。。

 

 パチンコ、やめようぜ。

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

依存症のことをもっと知る [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

 今日のブログは、読むのにちょっと時間がかかります。気合いを入れて読んで下さい。


IMG_8483.JPG



依存症についてもっと知りたい方へ(厚生労働省)


IMG_8487.PNG


依存症とは、特定の何かに心を奪われ、

「やめたくても、やめられない」状態になることです。


 人が「依存」する対象は様々ですが、

代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等があります。


 このような特定の物質や行為・過程に対して、

やめたくても、やめられない。ほどほどにできない状態をいわゆる依存症といいます。

  ※医学的定義では、

ある特定の物質の使用」に関してほどほどにできない状態に陥る状態を依存症と呼びますが、


 ここでは
行為や過程に関してそのような状態に陥ることも含めて依存症として表現しています。

 
依存症の診断には専門的な知識が必要ですが、

特に大切なのは

本人や家族が苦痛を感じていないか、生活に困りごとが生じてないか、という点です。


本人や家族の健全な社会生活に支障が出ないように、

どうすべきかを考えなくてはなりません。



■依存症には主に
2種類あります


依存症とはやめたくてもやめられない状態に陥ることですが、

その種類は大きく分けて2種類あります。
「物質への依存」と
「プロセスへの依存」です。



○「物質への依存」について


アルコールや薬物といった精神に依存する物質を原因とする依存症状のことを指します。


依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、


以前と同じ量や回数では満足できなくなり、


次第に使う量や回数が増えていき、


使い続けなければ気が済まなくなり、


自分でもコントロールできなくなってしまいます


(一部の物質依存では使う量が増えないこともあります)。



○「プロセスへの依存」について


物質ではなく

特定の行為や過程に必要以上に熱中し、

のめりこんでしまう症状のことを指します。


どちらにも共通していることは、


繰り返す、


より強い刺激を求める、


やめようとしてもやめられない、


いつも頭から離れないなどの特徴が


だんだんと出てくることです。




■問題は誰かが困ることです



アルコール、薬物、ギャンブル等、依存しているものは人それぞれですが、


依存症に共通することは、


家族とのケンカが増える、


生活リズムがくずれる、


体調をくずす、


お金を使いすぎるなど


何かしらの問題が起きているのにも関わらず、


ほどほどにできない、


やめられない状態に陥っているということです。


このような状態にある場合、


依存症と同じように対応を考える必要があるといえます。



依存症のことを考えるときに大事なのは、


そのことによって本人や家族が苦痛を感じているのかどうか、


生活に困りごとが生じているのかどうか ということです。


本人や家族が苦しんでいるのであれば、


それは改善が必要な状態ですので、


依存症に関する正しい知識を身に付け、


適切な対応をとっていくことが必要といえます。



Q.依存症って何が問題なの?



A.依存対象のことを大事にしすぎることで、自分や家族の生活に不都合が生じます。




飲酒や薬物使用、ギャンブルなどの行為を繰り返すことによって

脳の状態が変化し、

自分で自分の欲求をコントロールできなくなってしまいます


だんだんと飲酒や薬物使用、ギャンブルなどの行為を第一に考えるようになってしまい、

他のことがおろそかになり、
社会生活をしていく上で優先しなければいけない色々な活動を

選択することができなくなっていくのです。
その結果、

次のようなことが起こり、

自分や家族の健全な社会生活に悪影響を及ぼす可能性があります。



【悪影響の例】


・睡眠や食事がおろそかになり、本人の健康を害す。


・嘘をついて、家族との関係を悪化させる。


・仕事や学校を休みがちになり、続かなくなる。


・隠れて借金をしたり、お金を工面するために手段を選ばなくなる。



本人の身体や心に悪影響を及ぼします



私たちは、生活の中でいろいろなことを優先(選択)しながら生きています。


例えば、私たちは毎日、


無意識に食べること、寝ることや大切な人と楽しく過ごすことを


優先(選択)して生きています。


なぜなら、


人間が健康に生きていくために


毎日適切な食事をとること、


毎日適切な睡眠をとることや


大切な人と楽しく過ごすことが必要なことだからです。


しかし、

依存症になり、

脳が報酬(ごほうび)を求めてエスカレートした状態になると、


正しい選択ができなくなり、生活の中の優先順位が変わってきます。


睡眠や食事をおろそかにしたり、

家族との大切な時間を削るようになったりと、

これまで健康に生活していくために優先していたことよりも

飲酒や薬物使用、ギャンブルなどを優先してしまい、

結果、本人の身体や心に悪影響を及ぼします。
さらに

依存症が進むと、

飲酒や薬物使用、ギャンブルなどのために

仕事を休んだり、借金をしたりするようになることもあります。
お酒を飲んだり、

薬物を使用したり、

ギャンブルをしたりすることで、

一時的にストレスが発散できたり、

リラックスできたりするのですが、

ほどほどにできなくなると、

その代償として、自分の健康な身体や心が損なわれていってしまうのです。





周りの人の生活に悪影響を及ぼします


依存症は、適切な治療をしないと、

量や頻度がだんだんと増えていく進行性の病気です。


依存状態が進んでいくと、

本人だけの問題ではおさまらず、

家族や周りの人を巻き込んでいきます。


家族や周囲の人との人間関係よりも、

飲酒や薬物使用、ギャンブルなどを優先してしまうために、


家族に嘘をついたり、

借金をしたり、

飲酒や薬物使用、

ギャンブルなどしていることを隠したりする行為は、

よくある依存症の症状です。



依存症は病気であるため、


専門の相談機関や医療機関に頼ることで解決に向かうことができる問題でもあります。


しかし、


本人は病気という自覚がない(または認めない)ことが多く、


家族も正しい知識がないままに、


自分の家族がこんな状態で恥ずかしい、


世間にバレたらどうしようという思いから、


誰にも相談できず、


なんとか本人の起こした問題の尻拭いをし、隠そうとしてしまいます。



依存症は


意思で特定の物質や行為をやめたり、


減らしたりできなくなる病気ですので、


本人の意思のみで治すことはできません。


むしろ、適切な対応をしなければ


少しずつ症状は悪化していくと言われています。


本人のつく嘘に傷つけられたり、


本人の代わりにお金を工面して借金を返済したり…


そのような生活を続けているうちに、


家族もだんだんと、本来望んでいた生活、


健康的な生活を送ることが難しくなっていってしまうのです。



Q.どうしてやめられないの?



A.コントロール障害(自分の意思でやめられない病気)になってしまっているからです。


人は誰しも、

不安や緊張を和らげたり、

嫌なことを忘れたりするために、

ある特定の行為をすることがありますが、
それを繰り返しているうちに

脳の回路が変化して、

自分の意思ではやめられない状態になってしまうことがあります。


これが、依存症という病気です。


周囲がいくら責めても、

本人がいくら反省や後悔をしても、

また繰り返してしまうのは脳の問題なのです。
決して

「根性がない」とか「意志が弱いから」ではありません

依存症は、

条件さえ揃えば、誰でもなる可能性があり

特別な人だけがなるわけではないのです。


依存症は特定の行為を自分の意思でやめたり、減らしたりできない病気です。


  


脳の仕組みを知りましょう。

なぜ自分の意志ではやめられない状態になってしまうのか。


その鍵はにあります。


まずは脳の仕組みについて、

依存対象物質の一つであるアルコールの摂取を例にして学びましょう。


私たちが物事を考えたり感じたりできるのは、

脳の中で神経細胞がさまざまな情報伝達を行っているからです。


しかし、

アルコールが体内に入ると、

脳に侵入し、情報伝達の働きに影響を与えます。


アルコールだけでなく、薬物でも同様ですが、

これらの物質を摂取すると、私たちの脳内ではドーパミンという快楽物質が分泌されます。


この快楽物質が脳内に放出されると、

中枢神経が興奮し、

それが快感・よろこびにつながります。

この感覚を、脳が報酬(ごほうび)というふうに認識すると、

その報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがります。
アルコールを例にしましたが、

ギャンブル等で味わうスリルや興奮といった行動でも、

同じように脳の中で報酬を求める回路が働いているのではないかと言われています。 



IMG_8482.JPG



エスカレートするのは脳の仕業が影響している可能性があります。


脳内に報酬を求める回路ができあがり、

           アルコールや薬物を体に取り込む行動が習慣化されると、


            快楽物質が強制的に分泌されることが繰り返されます。


                         そうすると、


          次第に喜びを感じる中枢神経の機能が低下していきます。


                 快感・よろこびが感じにくくなるにつれ、


                 以前のような強い快感や喜びを得ようと、


          ますますアルコールや薬物の量や頻度が増えていきます。


                          すると、

                ますます快感・よろこびは感じにくくなり、


     焦燥感や不安、物足りなさばかりが増していく…という悪循環に陥っていきます。


                  いったんこのような状態に陥ると、


         ほどほどにできなくなったり、ほどほどが続かなくなったりしてしまい、


          もはや自分の意志でコントロールすることは非常に困難になります


            脳が報酬(ごほうび)を求めてエスカレートしているため、


              人がやめたいと思ってもどうにもならないのです。


                  意志の弱さや性格の問題でもなく、


            もちろん最初から依存しようと思ってなるものではなく、


                      脳の仕業なのです。


          条件さえそろえば誰でも依存症になる可能性があり、


       特別な人だけがなるわけではないのはこのような理由からなのです。


Q.依存症って何が問題なの?


A.回復することは可能です!



依存症になると、


飲酒や薬物使用、ギャンブルなど 


をほどほどにできなくなるといわれています。
しかし、

様々な助けを借りながら、

止め続けることで

飲酒や薬物使用、ギャンブルなどに頼らない生き方をしていくことは可能です。


依存症は

糖尿病や高血圧のような慢性疾患といわれています。

そのため、しっかりとした付き合い方が大切です。


もし回復途上で、止め続けることに失敗したときは、

そこからまた止め続けることを再開することも大切です。


止め続けるためには、


正直に自分の気持ちを言える場所があることや、


孤立しないことが大切です。


依存症は誰でも陥る可能性のある病気であり、


決して恥ずかしいものではありません。


本人や家族だけで抱え込まないで、早めに専門の機関に相談しましょう。



■「止め続ける」ことが大切です。

いったん報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがってしまうと

脳を以前の状態に戻すことは難しいと言われています。
しかし、

様々な助けを借りながら回復に向かっていくことはできます。


止め続ける生活を続ければ、

問題のない社会生活を営むことも可能となります。


止め続けるには

酒や薬物使用、ギャンブルなどをしたいときにどのように避けるか、

飲酒や薬物使用、ギャンブルなど以外のことをする時間をどのように増やすかが大切です。


■一人で抱え込まないでください。


依存症とは、

脳内に報酬(ごほうび)を求める回路ができあがり、

コントロール喪失に陥ってしまい、


ほどほどにできなくなる脳の病気と言われています。


意志や気持ちで解決しようとしてもうまくいきませんし、

度やめようと決意しても条件が揃うとまたやってしまうということを繰り返します。


また、家族が何かをしたから止めさせられるものでもありません。


対応法としては、

専門医療機関やお近くの 


保健所、精神保健福祉センターといった行政機関に相談し、

専門家から適切なアドバイスを得ながら回復に向かう方法があります。


また、

依存症の問題を抱えた人同士でミーティングや情報交換を行いながら、

回復を目指していく自助グループに参加するという方法や

リハビリ施設を利用する方法もあります。


保健所や精神保健福祉センターに相談すれば

、自助グループやリハビリ施設についても教えてもらうことができます。




Q.周りに・依存症かも…という人がいたらどうすればいいの?


A.叱責や処罰ではなく対処法を学びましょう。そして周りにも相談しましょう。


依存症は、欲求をコントロールできなくなる病気です。


しかし本人は自覚がなく気づかないため、


何度も気持ちだけでコントロールしようとして失敗します。


そのため、


周囲がいくら根性論で本人を責めても、


問題は解決しません


叱責や処罰だけでは、むしろ状況を悪化させてしまいます。


本人が回復の必要性を自覚するまでには時間がかかることも多いため、

まずは、周囲の方が専門の機関に相談して、

適切なサポートのしかたを知ることから始めましょう。


■依存症を正しく理解した上で、本人に接することが大切です。


ほとんどの場合、依存症の当事者は、自分は依存症だと気づくことはできません。


そのため、

明らかに問題がある状態であっても、

やめようとすればやめられる、

あの人に比べたら大丈夫という発言をし、

その問題に向き合えないケースが多いとされています。
また、

隠れてやっているのにもうやめたと嘘をついたり、

もうやらないという約束を破ったりしてしまうのも依存症の典型的な症状です。


本人も自分の意思ではやめられない病気になっているということを自覚できていないのです。


依存症当事者に対してやめられないことを責めたり、

嘘や約束を破られたことを怒ることで本人を追い詰めると、

本人はストレスを感じ、


それを解消しようと、

余計にアルコールや薬物、ギャンブルなどに頼るようになっていくことが多いといわれています。



このような場合、


本人を追い詰めずに、自分の気持ちを伝えることが有効といわれています。


借金を肩代わりする、


本人の代わりに会社へ休みの連絡をするなどと、


本人が起こした問題の尻拭いをするのも逆効果です。


なんとか愛情で立ち直らせたいと


家族が献身的に尻拭いをすると


本人は自分の問題に直面することなく、


アルコールや薬物、ギャンブルなどを続けていくことができてしまいます。


■勇気をもって、専門の機関に相談しましょう!


依存症は 


脳の病気であるため、

家族などの周囲の人たちでなんとかしようとしても、問題は解決しません。


適切な接し方を知っていないと、

状況をますますこじらせてしまうこともあります。


本人に対してどのような対応をすればいいのか、

家族自身のストレスを軽減するにはどうすればいいのかなど、

きちんとした知識を得ることは非常に大切です。


そこで、

自助グループや家族会に参加することや、地

域にある保健所や精神保健福祉センターといった専門の行政機関に相談する方法があります。


行政機関に 

相談するにあたっては、最初から本人を連れていく必要もありません。

連絡を取ると、適切な対処法についてアドバイスをもらうことができます。

また、

情報を知る、悩みを解決するという観点では、

依存症の家族を持つ人たちが悩みを分かち合い、共有し、連携することで

お互いを支えあう家族会に参加してみるのも一つの方法です。


保健所や精神保健福祉センターに相談すれば、

家族会などについても教えてもらうことが可能です。



家族会に参加することや、


専門機関で正しい対処法を聞くことは恥ずかしいことではありません。


自分達だけで悩まず、専門の機関に相談しましょう。


依存症の相談を受け付けている行政機関等の詳細は

以下のリンク先の相談機関等をご参照ください。


http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000070789.html 


(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うその嘘 [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

操られている。

私たちは、操られている。

パチンコしたい。

あの店のラーメン、クセになる。

このゲーム、面白すぎて、食事中でも、通勤中でも目が離せない。

やっぱり一日の終わりは、キューっと一杯。

飲むために働いているんだものな。

携帯持ってないと不安でしょうがない。

あのスイーツ、しばらく食べてないから、ダルいなあ。

ああ、欲望をすべて操られている。

理由がちゃんとあって、本人には気づかれないようにつくられていて、

楽しいんだよ。人生、エンジョイだよ。』っていうふうになっていて、

みんな知らないうちに依存症になっていて、

そんでもって、日本人がダメになっていく構造。

依存症を作り出すことができる人や企業が、どんどん儲かっていく構造。

ああ、

頭の中でパチンコ・パチスロの音楽が流れて止まらない。

目をつむると、パチンコの赤、黄、オレンジ、青、ピンクの色が

目まぐるしく動いて落ち着かない。

大当たりした時の図柄やドキドキが、道を歩いていても襲って来る。

もう、ダメだ。

 

IMG_8356.JPG

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

「今日は、チラシ投函日です。」

           ………ちっとだけ出すよ。だけど、あなたが来るときには、出さないよ。

 

「今日は、チラシ投函日です。」

           ………だけど、出さないよ。お客さん、騙されてみてね。

 

「今日は、チラシ投函日です。」

            ………だから、今日もウキウキしながら負けに来てね。

 

まやかし。あやかし。うそ。ほんとうのようなうそ。

人の欲望をそそるような、うその嘘。

当たりそうで当たらないスーパーリーチ。

玉やコインがなくなる時に決まって出て来る意味ありげなフェイク。

もし、心の中が見えるなら、パチ屋の心は、こんなドロドロのウソばかり。

ああ、嫌だ。嫌だ。

倫理も道徳も無いよな。

 

・・・・・・・・・・・・

 

パチ屋は、パチンコ依存症者の苦しみを知らない。

パチンコ依存症者は、パチ屋の悪巧みを知らない。

知らない者同士が出会って、パチンコ人だけが、一方的に不幸になる。

あのね、パチンコ人よ、

パチ屋の嘘と、コンピューターのプログラムと、欲望には勝てないんだよ。

だから、パチ屋に行くな!

春になってきたから、花屋に行って、綺麗な花を買ってきな。

きっと、良い気分になるから。

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お金を捨てるな。人生を捨てるな。 [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

 

財布の中を見る。

「ああ、もうこれしかないのか。」

給料に足が生えた飛んでった額が頭の中をスッとよぎる。

「払わなければならないものは、それはそれで仕方ないけど、この前パチンコで負けなければ、まだ◯◯万円あったんだよな」

今日も、そう思って、夜空を眺めているパチンコ人が、どれくらいいるんだろう。

みんなみんな、パチ屋というケバいドブの中に捨てて来たんだよな。

あなた、今日の晩飯代はあるの?

お酒を飲むお金あるの?

愛しい人や家族にケーキを買っていくお金はあるの?


IMG_8359.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

当たるかもしれない。否、きっと儲かる。

そう思ってパチ打って、うなだれて帰って来たんだよな。

ああ、パチ屋、パチンコ産業、パチンコ産業を応援するエライ人たち、

そういう人は、笑っているよ。

「バカどもが。バカなパチンコ人よ。」ってね。


・・・・・・・・・・・・・


うん?

もしかしたら、明日は入学式?

小学校一年生。中学校一年生。

みんな、新しい気持ちになるんだろうな。

『頑張るんだ。いろいろあっても頑張るんだ。』

そう思ってるよね、きっと。

 

あのさ、日本中に小学校と中学校がいくつあるか知らないけど、

全部の学校に行って、あいさつしたいよ。

 

《 入学おめでとう。 一生懸命がんばるんだよ。

勉強がんばれ。友だちづくりがんばれ。給食いっぱい食べろ。

それから、それから、大人になったら絶対にパチンコなんかやらない生活するんだよ。

もう一回、言うよ。入学おめでとう。 パチンコなんかやらない賢い人になるんだよ。》

・・・・・・・・・・・・・

あのね、昨日、カジノづくりの会議を設置して、カジノづくりを本格的に始めるんだって。

もちろん、日本のカジノを具体的に運営していくのは、

大手のパチンコ屋グループなんだろうな。

ああ、良いことないかなあ。

みんな、パチンコやめようぜ。

たった一度の人生を粗末にしないようにしようぜ。

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

大切なもの [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

「みんな、苦しんでる」

いろんな人の依存症ブログを見ると

「みんな、苦しんでる」

「みんな、まやかしに会って、苦しんでる」 

「みんな、泣いている」

「みんな、不安の中にいる」

結局、パチンコ依存症を無くすためには、パチンコ屋を日本から無くす以外ないんだ。

(でも、まあ、それは無理。今の日本では、出来っこない。)


IMG_8320.JPG


・・・・・・・・・・・

心の荒んだパチンコ人に捧げるよ。

もちろん、自分自身にもね。

聴いて。

聴きながら、パチンコなんてしなかった良き日を思い出して、

もう一度、禁パチ宣言をしようぜ。

ピュアな自分を想像して、心を洗おうぜ。

                        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓「大切なもの」

 

                         https://youtu.be/By36k6Uxk7k

 

なんだか、泣けてくる。

・・・・・・・

ほんとに ほんとに ほんとに

パチンコ、やめな。

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パチンコ屋を経営する人って、どんな人? [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

 

【  あのね、東芝のニュースの題をちょっと拾ってみたよ。】

 

                      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

東芝、最終赤字1兆円超 ウェスチングハウスの負債はこれで本当に終わるか? 

 

 【悲報】東芝1000000000000円(1兆円)の巨額損失。日本国内製造業で過去最大の赤字。


東芝、17年3月期の最終赤字1兆円超 債務超過6200億円 
国内製造業で過去最大


IMG_8319.JPG

 

 

【  それでね、パチンコのお金のことも集めてみたよ。 】

 

                     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

パチンコチェーン店 売り上げランキングだよ。

 

第一位 マルハン

2兆1368億6400万円



 

 

第2位 ダイナム

9119億7400万円





第3位 ガイア

3777億9740万円




第4位 ABC

2311億8760万6000円





第5位 ニラク

2407億5427万6000円





第6位 オザム

4046億円




第7位 一六商事

2124億1500万円




第8位 延田エンタープライズ

1905億6688万7000円





第9位 安田屋

1728億円




第10位 株式会社新日邦

1624億9000万円




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ね、何か感じるでしょ?

パチンコってなあに?

日本には、給料安くても働く人って、いっぱいいるよ。

辛くても我慢して働いている人っていっぱいいるよ。

だけど、この数字ってなあに?

パチンコを経営する人って、どういう人?

権力を持ってパチンコを応援する人って、どういう人?


ねえ、パチンコ人よ。

アホらしくって

依存症なんてやってられないぜ!

しっかりしな。

バイバイ、パチンコ・パチスロ!

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今までのあなたの暗い人生の象徴 [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

あなたの手を見ろ。

じっと見ろ。

パチンコの過去を思い出しながら、あなたの手を見ろ。

哀しみのシワと、悔しさの汚れが染み込んでいるだろう。

あなたの手を見ろ。

その手が、今までのあなたの暗い人生の象徴なのだ。

パチンコに溺れて、

パチンコに負けて、

自分の心に負けて、

愛しい人や家族を不幸にして、

自分の人生は失敗だったと嫌悪し、

どんずまりになった自分の人生を象徴している、あなたの手。

 

 

IMG_8420.JPG


 

…… あなた、悔しいだろう。

出来ることなら、人生をやり直したいだろう。

パチンコに傾けた暗くて汚いあなたの情熱は、本物であって、本物ではなかった。

人生は、パチンコではない。

パチンコのようなものでもない。

あなた、パチンコという狭い世界で生きすぎたのね。

 

……さあ、戻ろうよ。

お日様のあたる世界に戻ろうよ。

パチンコの誘惑に負けるな。

あんな奴らに負けるな。

 

……さあ、涙を拭いて、こっちにおいで。

あなたのその手で働いて得たお金で、

暖かくて優しくて笑顔になるものを求めに行こうよ。

誰にだって、幸せになる権利はあるんだからね。 

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パチンコ奨励国家 [パチンコ依存症 パチスロ依存症]

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村

 

パチ屋の衰退が目に付く。

同時に、最近のパチ屋の収奪の激しさにゾッとする。

中小のパチ屋は、没落の道を進み、大手のパチ屋は、パチンコ人を更に奴隷化しながら、

牙をむいて「奪い取る経営」に拍車をかける。

世も末よ。

日本人は、パチ屋に騙されて、涙枯れてイバラの道を進む。

 

IMG_8318.JPG

 

・・・・・・・

仲間が、パチンコで五万円負けたと言って来た。

またかあ、と思ったけれど、「ふーん」と言っただけで、後は何にも言わなかった。

コーヒーを出して飲んでいる時、

今日通販で届いた『中古のモバイルパソコンと新品の靴』をその仲間に見せた。

これ、二つで五万二千円だよと言ったら、彼は俯いて黙っていた。

パチンコは、何かが狂っている。

パチンコは、人間の希望の芽を潰す。

ほんとに、パチンコなんてこの世から無くなってもらいたい。

・・・・・・・・・

日本の義務教育の中には、《 お金の使い方教育 》がない。

日本の義務教育の中には、《 パチンコを憎む教育 》がない。

日本の義務教育の中には、《 希望の創り方の教育 》がない。

日本の義務教育の中には、『没落していく人生の予防法』や『悪貨を駆逐していく思想』がない。

もしかしたら、日本の政府は、パチンコ屋を庇護しているのではないか?

日本の政府は、日本の国民を犠牲にしながら、

パチンコ産業・ギャンブル産業を育成しているのではないか?

・・・・・・・・・・・

タバコを吸うと、癌になるとか行って大騒ぎするくせに、

パチンコすると心や生活が壊れるなんて言わないよな。

なんでだろう?

………答えは、簡単。

国がパチンコ産業を守っているから。

コレ、本当だよ。

みんな、お金が欲しいんだよ。

・・・・・・・・・・

パチンコ、やめな!

自分の人生を大事にしな!

 

(パチンコ依存性撲滅支援のクリックをお願いします↓↓↓↓) 

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へにほんブログ村


nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康