So-net無料ブログ作成

パチンコ人が今日も哭く。

人が哭(な)く。
一つの口では、哀しさ辛さを表すことができず、
口を二つにして哭く。
人の声では表せない感情を犬が吼えるような声で哭く。
パチンコ人が哭(な)く。
一つの口では、哀しさ辛さを表すことができず、
口を二つにして哭く。
人の声では表せない依存症者の感情を犬が吼えるような声で哭く。

自分の心をズーっと掘り下げていくと、
哭いている自分に出会う。
今の社会や政治の影をジーッと見据えていくと、
哭いている依存性のみんなが見えてくる。

パチンコ人は思う。
お盆だから、笑顔で祖先を迎えたいのに、
パチンコ人は、それができない。
笑顔どころか、祖先とまともに目を合わせることなんてできない。
こんな醜い自分を
清らかな祖先に何と説明すればいいのだらろうか。
パチンコ人は、この世の人々に目を合わせられないばかりか、
彼岸からやってくる祖先にも目を合わせられない。
パチンコ人は、考える。
こんなに汚れちまった自分は、
これからどうしたらいいんだろう。
鈍い眼で空を仰ぎながら深いため息ばかりの自分を呪う。
ああ、このまま天の彼方へ消えてしまえたら、
どんなに幸せなんだろうか。
辛い。苦しい。憎い。
悔しい。泣きたい。
怪物に喰われてしまいたい。死にたい。
・・血が臭いこの体を、誰か引き取ってくれ。
麻酔をかけて、細かく刻んでくれ。
パチンコ人は、震える体を引きずりながら、
今日もひとり依存性という荒れ野をノタノタと歩いていく。
パチンコ人のたそがれ.jpg

続きを読む


nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康