So-net無料ブログ作成

パチンコと地獄といのち


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
 

いのちの歌

 http://www.youtube.com/watch?v=XRdoQdwL-x0


 いのちの電話

http://www.find-j.jp/zenkoku.html


立ち直って!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パチンコと地獄」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お釈迦さまの誕生を祝う祭りを「花祭り」と言う。

その日、近所のお寺には、地獄絵が掲げられる。

小さい頃の私の記憶である。

(地獄絵を掲げるのは、お盆の時だったかも知れないが)、

小さい頃、毎年見に行った地獄絵のことは、よく覚えている。

人間は、死ぬと、閻魔大王の前に行く。

そこで、天国行きか地獄行きかを決められる。

その時、閻魔大王は、新規の死人にいくつかの質問をする。

「人を殺しただろう」とか、「盗人をしただろう」とか、まあ、いろいろ訊かれるのだ。

地獄に行くような死人は、「いえ、やってません」なんて言って、自分の罪を逃れようとする。

みんな、そうするのだ。


けれど、閻魔大王は、冷静に言う。

「それでは、お前の生前の罪を、鏡に映してみよう。」と。

閻魔大王の脇には大きな鏡があって、その鏡は、生前の罪を映し出す力を持っているのだ。

だから、どう逃れようとも、地獄行きの死人が、天国行きに変わることはない。

嘘をついた死人は、ペンチで舌を抜かれる。

右手で人を殺した死人は、右手を切られる。

淫乱で家庭を崩壊させた死人は、無数の針が刺さっている大木を登らされる。


地獄絵の中には、すべての罪にもとづいた、すべての罰が描き込まれている。

地獄のほんとうの恐ろしさは、その罰が繰り返し繰り返し行われて、永遠に続くということにある。

私は、その絵を毎年毎年見て、地獄行きを避けたいと思って成人したと言ってもよいだろう。

さあ、地獄についての疑問を言おう。 


依存症のパチンコ人は、地獄に行って、どんな罰を受けるのだろうか。


パチンコで儲けた経営者や利得者は、地獄に行って、どんな罰を受けるのだろうか。 


依存症のパチンコ人よりも、 パチンコで儲けた経営者や利得者の方が、圧倒的に重い罰を受けるのは、確かだ。

彼らは、生前チャライ生活をして、旨い者を食ってすまし顔でいるけれど、

ひょっとしたら、地獄行きを恐れているかもしれない。

(いやいや、そんなことは、これっぽっちもないさ。人生の勝ち組だと思っているんだもの。) 


パチンコで儲けた経営者や利得者は、人的に依存症者を作り出しながら利潤を得ている人々。 

依存症になったパチンコ人は、ぱちんこ恐竜に負けて、自分の人生を台無しにし、家族や愛しい者を泣かせた人々。


世間では、パチ屋の方を勝ち組と言い、依存症になったパチンコ人の方を負け組と言う。

しかし、

依存症になったパチンコ人も馬鹿だけれど、

人的に依存症者を作り出しながら利潤を得ているパチ屋の方が、数百数千倍も愚かで、厚顔ではないか。

それに、依存症になったパチンコ人は、生きている時(生前)も「パチンコ地獄」という地獄にいたのだ。

そう、

彼らは、生きている時も地獄、死んでからも地獄。

だから、

パチンコで儲けた経営者や利得者は、地獄の最深部に行くと決まっているのだ。

依存症になったパチンコ人は、

地獄に行って舌を抜かれたり、

巨大なパチンコ台に鎖で縛られて、血の池に沈められたりするだろう。

では、

パチンコで儲けた経営者や利得者とその一族は、地獄に行ってどんな罰を受けるのか。

想像できない。

想像できないけれど、地獄絵にも描くことのできないほどの罰が待っているのは確かだな。


夜になったら、みんなで、パチ屋が行く地獄絵を描いてみるか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も、パチンコ屋に行ってないよね?

今日は、これからもパチンコ屋に行かないよね?

パチンコ屋に行くと、

自分の意志とは関わりなく、魂を抜かれるぞ。

パチンコ屋に行ってはいけない。


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
 


nice!(40)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 40

コメント 1

リボンたん

20年になるかな?
アホらしくなって来ました。
ほんとうにもう辞めたです。
by リボンたん (2014-09-24 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1