So-net無料ブログ作成

パチンコの害も学校でちゃんと教えるべきではないか


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
 

ペギミン西村という人がツイートした。

「学校で煙草の害を習うように、パチンコの害も学校でちゃんと教えるべきではないか。」

このツイートをみて、愕然とした。

目からウロコが落ちた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校でパチンコの害を教えることができたら、何とすばらしい日本の国になるだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校の授業で、パチンコ依存の害、ギャンブル依存の害を教えることができれば、今よりずっと依存症者は減るだろう。

それに、学校の授業でギャンブル依存症を扱っているというだけで、

社会的インパクトが強くなり、パチンコ反対の声は、もっと広がっていくだろう。


しかし、現実には、そういうことは、ないだろう。

日本の国では、明るい展望は持てない。

学校で、パチンコやギャンブルの害を授業したりすれば、

パチンコで利益を得ている議員や利得者が、全力で圧力をかけてくるだろう。

それに、そのような時のために、パチンコ業界は、ずっと莫大な金を投資してきたのだろうから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地方独立行政法人 岡山県精神科医療センターのHPに、

次のようなギャンブル依存症についてQ&Aが載っている。

Q.ギャンブル依存症は治るのですか。

A.ギャンブル依存症を治す薬はありません。しかし、ギャンブルをやめ続けることによって回復することは可能です。


Q.回復するにはどうすればいいのでしょうか。

A.自助グループGAに参加することが回復の早道です。


Q.借金はどうしたらよいのでしょう。

A.治療せず借金だけ清算してもまた同じことを繰り返すのがギャンブル依存症の特徴です。
借金の返済については専門の相談窓口などにご相談されることをお勧めします。


Q.主人がギャンブルをやめないのですが、やめたいと思っているのでしょうか。

A.ギャンブル依存症になっている人は「死ぬほどやめたいが、死ぬほどしたい」状態だと思ってください。
ギャンブルを続ける生活を「良い」とは考えていません。
やめたい気持ちが必ずあると信じて、やめたい心が強まり、大きなもの育つよう関わりましょう。


Q.ギャンブルをやめるのに、本人の意思は関係ないのでしょうか。

A.ギャンブルをやめ続けるのに意思の力は無関係とは言えないでしょう。
しかし急に意思を強くする方法はありません。
ギャンブル依存症当事者に「意思を強く持つ」ことを求めつよりも、病気として理解し治療を受けることや自助グループに参加するなどの回復に向かっての方法はあることを伝える必要があります。


Q.サラ金から督促状がきています。どうすれば良いでしょうか。

A.督促状は本人に渡しましょう。
「サラ金で困っているなら相談にのるからね。お金は出せないけど相談できるところは知っているから」と伝えましょう。家族が高利を恐れて代わって返済している限りは借金は繰り返されます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギャンブル依存症の9割が、パチンコ依存症である。

しかし、この国では、パチンコの害を、学校で教えることは許されない。

パチンコの害を、日本の国は、平気で無視している。

マスコミも記事にしない。


ほんとうに、もう、どうしようもない国なのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も、パチンコ屋に行くな。

パチンコを憎め。

パチンコ屋に行かないことが、あなたの幸せに直結するのだ。


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1