So-net無料ブログ作成

パチンコ依存症のことをずっと書いてきた


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
 

パチンコ依存症のことをずっと書いてきた。


私たちのこの日本から


パチンコ依存症者がなくなることを願いながら


パチンコ依存症のことをずっと書いてきた。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日本という国の中には、多数の「パチンコ依存症者」がいる。

その原因は、勿論、依存症者本人の側にもあるが、それだけ言っても埒があかない、ということを書いてきた。

その中で、

「パチンコが悪いというが、この世にパチンコがなくても、依存症になるような人間は、何かの依存症になっているはずだ。たまたまパチンコだったに過ぎない」

と言って反論してきた人がいた。

しかし、そんな論法でいいのなら、

「いじめられる子は、どこに行ってもいじめられる。」

「いじめられたからと言って、自殺することはない。もともとそういうふうに意志の弱い子なのだ。」

「原子力発電が悪いのではない。偶然起きた地震や災害が悪いのだ。あの大震災がなければ、問題にならなかったではないか」

「いくらインフルエンザが流行しているからと言って、インフルエンザに罹患するのは、本人が十分に気をつけていないからだ。」

「確かに、自分は教室でキャッチボールをしたが、あそこに花瓶が置いてなければ、割れなかった。」 

ということになってしまう。


その人の言っていることは、そういう論法なんだよ。

あえて言えば、強い者の論理。

失敗しなかったから言える人の言い分。

自分に関係がないから言えるだけの幼稚な言いぐさ・・・・だわ。
                          

「意志が弱くて、パチンコに取り憑かれて依存症になった人」

「パチンコ事業を推進した結果、依存症を多量に生み出してしまった人たち」


との両方を、どう考えて、どう取り組みをしていくか。

そして、その展望をどう持つか。ということなんだと思う。


今、私たちの日本には、成人人口の5.6%、つまり550万人のギャンブル依存症者がいる。

ギャンブル依存症予備軍を含めると1000万人の日本人がギャンブルで苦しんでいる。

そして、その最強の原因は、パチンコである。

       (この文言の根拠は、コレ ↓ )

       http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002rq8d.html    
       厚生労働省の資料である。

       (特に、これを読んでほしい ↓ )
       
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002rq8d- att/2r9852000002rqas.pdf

「一般市民VSパチンコ屋」

「一般市民VSパチンコ屋上級従業員」

「一般市民VS下級従業員」

「一般市民VSパチンコ経営者及び利得者」

「人間のこころの強さ、弱さ」

「脱依存症への道」を、これからも、このブログで発信していきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日もパチンコに行くな。

絶対に行くな。

パチンコの話をするな。

時間があったら、部屋の掃除でもして、気持ちを健やかに持て。



ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1