So-net無料ブログ作成

パチンコやって偉くなった人なんていません。


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

                          パチンコやって偉くなった人なんていません。


なんてすごい言葉なんだ。

広告コピー大賞に匹敵する言葉だ。

感動ものの言葉だ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元パチンコ雑誌編集者曰く、

「パチンコやるやつは例外なくバカ。

『あの時、何箱出た』と世界遺産でも見たかのように語る」


そして、彼は、続ける。


パチンコというものは、10回も行けば1回は勝つものです。

調子が良ければ、1時間で5万儲けることも可能です。

まれに1日で10万とか20万ぐらい稼げることもある。

それにたまたま当たってしまうと、ワンランク上の人間になったような気になるんです。

人間の心理というものは勝ったときのことだけ覚えていて、負けたときは忘れてしまう。

それでいつか取り戻せると思って、ハマっちゃうわけです。

「昔と比べると、徐々に市場規模と参加人口が減っていますが、その分、濃度は濃くなってきていて、パチンコをやったときだけ快楽を得られる依存症の人が増えています。

そういう人たちを増やすために、

メーカーはチカチカ光ったり、でかい音が出る機械をどんどん作っています。

廃れる、廃れると言われながらも、ここまで大きくなった業界を完全になくすことはできないでしょう。

私はもともとパチンコに関心がなかったのですが、

業界に入って、こんな誰が見ても分かるバカな産業があっていいのかと驚きました。

ところが、パチンコ屋にダマされる人間は一向に減らず、業界の勢いは衰える気配を見せません。

業界の様子を見ていると、この日本には私の想像以上に脳みそどうなってんのというバカがたくさんいるようです。

ソーシャルゲームが流行ったりするのも同じことなのでしょう。

バカは朝から晩までパチンコをやって、

店が閉店した夜11時以降はモバゲーです。

韓国の(前)大統領が天皇を侮辱しようと、

中国が尖閣諸島に攻めてこようと、

彼らには関係ありません」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パチンコは、バカを生み出すバカ製造器なのだろうか。

それとも、

バカをおびき寄せる

バカホイホイなのだろうか。

おそらく、その両方なのだろう

まったく、パチンコをすると、脳天が抜けてしまうのだ。

言葉も貧弱になり、「トロさ」そのものの会話しか成立しなくなる。


「誰にも迷惑かけてないからいいじゃん。」

「トータルじゃ勝ってんだよ。」  

 「今日は、ついてると思ったんだけどな。最初は、調子良かったからさ。 あそこでやめときゃプラスだったんだよ。」

「楽しかったから別にいいや。昨日勝ってるしね。まあ、いいか。」 

 「会員カードは作るなよ、個人情報が漏れるからよう。」

「しかし、金が無いなあ。一回、バコンと勝ちてえなあ。」 



こんな言葉の連続で、吐き気がしてくる。


まあ、パチンコなんて、勝っても負けても、世間から徹底的にバカにされるだけ。


パチンコやって偉くなったり、尊敬されたりする人は、

この世に一人もいないんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もパチンコ屋に行くな。

バカホイホイに捕まるな。

本屋に行って、楽しい本を買って来ようよ。

みんなパチとバイバイだぜ。






nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1